赤しそジュースのレシピと作り方

赤しそジュースアイキャッチ
えつ

こんにちは。「まな♪まな」管理人「えつ」です。
毎日、暑くてバテ気味になっていませんか?
そんな時にオススメしたいのが「赤しそ」で作るジュースです。
簡単にできちゃいますから「赤しそ」を見かけたら是非!

1.赤しそジュースの材料

材料】~濃縮タイプ~
・赤しそ  300g
・水    1.5ℓ
・砂糖   500g
・レモン果汁 30~50cc(またはリンゴ酢200cc)

赤しそはスーパーや農協などで買うことができます。
出回る期間が短いので、見かけた時にゲットするのがオススメです。
購入後はできるだけ早く調理した方がいいですね。

砂糖は上白糖・グラニュー糖、キビ糖や三温糖…どの種類でもOKです。
私は今回、ザラメしかなかったのでそれを使いました。

レモン果汁は市販の100%国産果汁を使いました。
もちろんレモンから直接果汁を絞っても大丈夫。
その場合は2~3個くらい必要になるかと思います。

「リンゴ酢」で代用することもできますから、手に入りやすい方で。

レモン果汁
なすのごとく

シソの香りとレモンの酸味でサッパリおいしいドリンクができるよ!
これを飲めば夏バテ知らず!

2.赤しそジュースの作り方

赤しそを三回水洗い

①赤しそを洗います。
たっぷりの水をためて赤しその葉をよく洗います。
3回水をかえて洗いますが、ゴシゴシ強くこすると破けますから
やさしく扱いましょう。

赤しそを2回に分けてゆでる

②大き目の鍋に水を沸騰させ、2~3分で赤しそをゆでます。
 しそは一度に全部入れず、二回に分けてゆでるのがオススメです。
 (それぞれ2~3分ずつゆでます。)
 アクが出たら取っておきましょう。

③ゆでたしその葉をザルにあげ、冷めてから軽くしぼります。
 しぼった汁を鍋に戻します。

④鍋の中の汁は一度こしておくときれいに仕上がります。

⑤鍋に煮汁を戻し、砂糖を入れて煮溶かします。
 砂糖が解けたら火をとめて粗熱をとりましょう。

⑥レモン汁(またはリンゴ酢)を加えてよくかき混ぜたら出来上がりです。

しそドリンク色の変化
酸を加えると色がパッと赤く変わります。

冷ましてから容器に移し替えて冷蔵庫で保存します。
1ヶ月程度は保存できますが、早めに飲みきりましょう。

3.オススメの飲み方と健康効果

いろいろなレシピがあると思いますが、今回のレシピは
濃縮タイプなので、好みに合わせて水や炭酸水で割って下さい。

しそドリンク出来上がり
えつ

く~っ、見て~この色!きれいで元気が出ますよ~。
私はいつも3~4倍の無糖炭酸水で割ってます。
しその香りって癒されますよね。
コレ、畑仕事の後の身体にしみるんですぅ~。(笑)

ホントに。メチャクチャ疲労回復効果を感じます。


赤しそジュースには他にこんな効果がありますよ。

シソジュースの効能
なすのごとく

健康効果はあるけど砂糖もたっぷりだし、飲み過ぎには気をつけてね!

4.フローズンヨーグルトもおいしい!

このジュース、おいし過ぎてあっという間に飲んでしまいますが、
今回はフローズンヨーグルトにも挑戦してみました。
超カンタンですからレシピをご紹介しますね。

【赤しそジュースのフローズンヨーグルト:材料】2~3人分
・プレーンヨーグルト 200g
・赤しそジュース(濃縮タイプ)50cc
・はちみつ(またはこうじ甘酒) 好みで大さじ1~2杯
(私は今回、こうじ甘酒を大さじ2杯程度入れました。)

赤しそフローズンヨーグルトを作る

ヨーグルトと赤しそジュースを混ぜるとこんな感じ。
これに好みの甘味を加えたらタッパーに入れ、よくかき混ぜ、冷凍庫へ。


あとは2時間後に一度かき混ぜます。
さらにもう2時間後にかき混ぜます。

出来上がり!!

しそフローズンヨーグルト

5.まとめ

季節の赤しそを使ったジュースは手軽に作れます。
材料や時間も少なく作ることができ、面倒な手間もかかりません。
疲労回復・食欲増進効果もあり、夏の暑さ対策にも一役買ってくれます。

えつ

とりあえず飲んでみたい人はこちらでも。
でき上がったものならお手軽で~す。
人工甘味料を使っていないヘルシードリンクです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA