発酵デリカッセン「Kouji&Ko」コウジアンドコーのランチがオススメ

コウジアンドコーアイキャッチ
えつ

こんにちは。管理人で発酵食好きの「えつ」です。
今回は新宿の発酵食レストランをご紹介します。
新宿高島屋の8Fにある「発酵デリカッセンKouji&Ko」
(コウジアンドコー)です。

1.麹(こうじ)にこだわったメニュー作り

シェフ、大島今日(おおしま きょう)のショップコンセプトがこちら。

伝統的な発酵を文化ととらえ、敬意を示しながら、同時に既存のイメージにとらわれず、よりスタイリッシュに、豊かなおいしさを生み出していく、新たなスタイル
「ヌーベル ハッコー(Nouvelle Hakkou)をコンセプトにしています。発酵食品のイメージを革新する色鮮やかなメニューやスタイリッシュな商品を展開してまいります。

「発酵デリカッセンKouji&Ko」ホームページより
えつ

伝統的な発酵食の良さを生かしつつ、新しさも追求する…
「温故知新」ってことですね。
「ヌーベル(新しい)ハッコー(発酵)」ってどんな?

なんとショップメニューに合わせ、独自の麹菌を開発されたとか。
酵素の分解力が強く、素材の旨味を引き出す力が強いらしいですよ~。

シェフの意気込みが伝わりますね。
さらに商品開発アドバイザーは、発酵学の第一人者、小泉武夫先生です。
これは期待するしかないでしょう~。

2.店内の雰囲気は?

店頭の様子

お店は新宿高島屋の8F、スポーツウェアのエリアにありました。

こんな風にナチュラルで明るい雰囲気の店舗です。
ヨガウェアショップもすぐ近くにあり、女子1人でも入りやすいと思います。
店内に入って見回すと、やはり健康志向の女子が多めな感じ?
入口で想像するより、ゆったりとしたスペースでした。

先に席を決め、そのあとに店頭で注文。会計を先に済ませるスタイルです。

3.ランチタイムのメニュー

なすのごとく

10時~14時のランチタイムはドリンク類がサービスでお得だよ!

友人と二人、それぞれ違うランチメニューを注文しました。

麹バーグランチ
看板メニューの「麴バーグ」1375円 ドリンクは甘酒入りコーヒー

友人はこちらの「麹バーグセット」です。野菜もたっぷりで彩りがきれい。


この「麹バーグ」にオリジナル麹(AOK139菌)が使われています。
少しシェアさせてもらいましたが、確かにお肉の旨味がよく感じられ、
歯ごたえも柔らかくてふんわり。

甘酒コーヒー
「甘酒入りコーヒー」
甘酒とコーヒーって相性がいいんですね。
発酵御膳
いろどり発酵御膳 1760円 こちらもドリンク付き
発酵御膳おしながき
手作り感のある「おしながき」も一緒に楽しみました。

私は「いろどり発酵御膳」を注文。こんなお品書きも添えられます。
小皿に色彩豊かな発酵デリ(惣菜)が盛られ、目でも楽しめるのがいいですね。


料理のソースや和え衣など、それぞれの料理に発酵調味料が使われています。
「ふぐの子のマヨネーズ」もなかなかのレアもの!?

えつ

ふぐの子とマヨネーズかぁ…思いつかなかったなぁ。
鯖のロースト醤油麹のバターソースも、おいしかったですよ。
「発酵食=和食」の枠を超えた、大島シェフの新しいスタイル
ですね。

4.テイクアウトや物販もあり

こちらは物販コーナー。オリジナルのドレッシング、甘酒などが並んでいました。
ちょっと気になったのは「大吉芋チップス」…
さつまいもの塩麹仕立てポテトチップス…!?おいしそう。

物販コーナー

レジ横のショーケースに並ぶ「発酵デリ」や「発酵スイーツ」も
テイクアウトすることができます。
サラダの他に、「塩麹キャロットラペ」や「鯖のロースト」などの
店内メニューも数多くありました。

5.まとめ

発酵デリカッセン「Kouji&Ko」(コウジアンドコー)は発酵調味料をベースにした
新しいスタイルのレストランです。

ショップ情報は以下の通り。

〒151-8580 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 新宿高島屋8F
営業時間 平日・日曜 10:00〜20:00/金・土曜日 10:00〜20:30
     ※ラストオーダーは閉店の30分前
定休日 新宿高島屋の営業日に準ずる
公式サイト http://foodandpartners.co.jp/koujiandko/

えつ

お近くにお出かけの際はお試しください~。
発酵食を食べて「免疫力アップ」しましょう!

そうそう、ふぐの子の関連記事はこちらです。

ふぐの子ぬか漬けアイキャッチ

Kouji&Koの商品はオンラインショップからも購入できます。
父の日にオムライスとビーフシチューはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA